社長秘書室課長
礼儀長(れいぎちょう)
礼儀長:愛知県出身、名古屋市在住。 「年上や目上の人に対し、敬意をもって接する事を信念に、礼儀を重んじて、敬語を追求してます。」
ハラスメントワード

食べたくないのに無理やり食べさせられる「メシハラ」飯ハラスメント

上同から食事や飲みに誘われるのは、部下としては断りにくいものです。

飲みの席での上司の自慢話、武勇伝などを聞くのは学びのうち。ときには仕事のノウハウまでアドバイスを受ける事も。上司に食事をおごってもらい、プライベートな時間までも、指導を受け、「長く働けば働くほど評価されるのが当たり前」という考えを持つ事も当たり前にあった昭和のサラリーマン

「理想の上司!」と考えていた方も少なくないはずなのではないでしょうか?

上司に誘われ、食べたくないにも関わらず無理やり食べさせられたり、嫌がる部下を何度も食事に誘ったり、一部の部下だけを食事に誘うなど、食事に関する「嫌がらせ」全般を総称して「メシハラ・飯ハラスメント」といいます。

ときは平成を経て令和。就業時間は仕事、でも食事の時間は休憩時間であり、時間外はプライベートな時間であって、明確に線引きされる時代です。

メシハラワード

こんな発言があったら危険!行為者は発言に注意し、被害者はハラスメント対策をしましょう。

ハラスメント部長
ハラスメント部長
俺がお前くらいの頃には、断らずになんでも食べてたぞ

体を大きくする必要があるのでしょうか?体育会系の発言ですね。1日に摂取する量、食べる物、健康管理は自分で管理したいところです。

ハラスメント部長
ハラスメント部長
お前痩せすぎだぞ!もっと食べろ!

体型について上司からとやかく言われる筋合いはないですよね。自分の体型コントロールは自分でなんとかしましょう。

ハラスメント部長
ハラスメント部長
ニンニクは繊維を潰さずに食べれば匂わないぞ。

科学的根拠があるのかどうなのかわかりませんが、社会人なら口臭は気にしたいものです。

ハラスメント部長
ハラスメント部長
奢ってやるんだから、もったいないな。全部食えよ

奢ってくれなくてもいいから、自分が食べたいものを、食べたい量を食べたいですよね。「その前に、早く帰らせろ」と言いたいです。

礼儀長「メシハラ」実体験

1.誘いを断ると、明らかに不機嫌な態度をとる。

礼儀長
礼儀長
誘いを断った時や、飲み会を早々と帰った次の日の、上司からのあたりは最悪でした。メールでの攻撃、無視は当たり前。

2.上司の裁量で会社の経費(接待費)で落とす事もあったが、基本飲み会は割り勘。

礼儀長
礼儀長
強制的に参加させられているのにも関わらず、出費。今日は会社の経費なのか、割り勘なんのだろうか?こんな事を考えながら、料理を注文していました。

3.深夜にシメのラーメンを食べさせられる。

礼儀長
礼儀長
何がしたいのか?美味しいラーメンは自分の意志で食べたいものです。

4.体重が増えようが、お腹が出ようがお構いなし。

礼儀長
礼儀長
70kgアベレージの私の体重が、連日の上司からの食事の誘いによる不健康な生活により、80kgになろうが、上司は笑っていました。

5.「役職手当の半分は部下に奢ってやれ」と昇進する部下に対して継承の如く伝えていた。

礼儀長
礼儀長
役職手当は俺が決めている。そう言わんばかりの発言。何様なのでしょうか? パワハラですね。

6.二次会に行かないと、キレる。

礼儀長
礼儀長
一次会で、帰れません。「いいから来い」と、身を隠しても電話がかかってきます。

7.据え膳食わぬは男の恥!出された物はすべて食べるのが男の美徳!

礼儀長
礼儀長
「据え膳食わぬは男の恥」とは女の方から言い寄ってきたら、男が誘いに応じるのは当然であるというたとえです。もうよくわかりませんよね?

メシハラ対策〜上司編

まずは、部下を食事に誘う頻度を下げましょう。

次に「社外はプラベートである」という考え・認識は捨てましょう。上司からすると会社外は上司と部下の関係を超えた「お互いわかり合っている、仲の良い付き合い」になると思われがちですが、誘われる部下からしたら、勤務時間外であろうと、上司のお誘いは断りづらいだけです。

上司であるあなたが、部下の勤務時間外の時間を支配する事などあってはなりません。

メシハラ対策〜部下編

はじめが肝心。プライベートの充実感を伝えましょう。資格取得や英会話教室、習い事などスキルアップのための前向きな姿勢を伝える事で、仕事への意欲が伝わります。